自動車の売買契約後に買取の値段を減額されて

自動車の売買契約後に買取の値段を減額されてしまったり、クーリングオフを拒絶されるというトラブルが多く発生しています。



契約書にしっかり目を通しておかないと後から困るのは自分自身なので、面倒だと思わず読むようにしてください。



特に、キャンセル料発生の有無は大切なので、十分確認するようにしましょう。



買取依頼の際に車体に傷が入っていると、査定額で大きくマイナスになる場合が多いです。



とはいえ、事前に傷を修復して買取してもらうのも良い手段とは言えません。



ちゃんとした店で修復してもらっても修理費用の方が高くつくくらいですし、自分で修復してしまうとむしろ査定が下がることもあるので注意しましょう。



無理に直して買取に出そうとは考えず、そのままの状態で買取査定を受けるのが結局得策でしょう。



買取業者が詐欺を働く場合もあるので注意が必要です。



一旦は高めの査定金額を提示して買取の契約を結ばせ、あれこれと理由を付けて大幅に減額された金額を改めて持ち出してきます。



そんな金額では買取には出せないと言うと、車は既に手元にないと言って、運送料、保管料などの理由でお金を請求するという手口も確認されています。



また、車の受け渡しを済ませたにも関わらず買取のお金が支払われないというケースもあります。