マイカーの買取下取り価格は走行距離により大きく異なります

マイカーの買取下取り価格は走行距離により大きく異なります。



10万kmを超えた車だと買取下取り価格に期待は持てません。



でも、3年で3万km以内だったり、5年で5万km以内だったり、年間、1万km以内の前後の普通自動車だと下取り価格が高価になりやすいです。



走行距離が短い方が車の状態が良いとの判断となるのです。



結婚して生活が落ち着いてきたのを機会に、もっと荷物が運べて大勢乗れる車に買い替えたときのことです。



下取りしてもらうのだから出費が減って有難いぐらいに考えていましたが、初めての買い換えで舞い上がっていたせいもあり、「値引きできない分、下取りのほうをアップしました」と言われ、その額で決めました。



帰りにファミレスで明細書を見たとき、下取りが安すぎるので悶々としてしまいました。



中古ズバット車買取比較業者を利用したほうが良かったのではないかと思うと、無性に残念な気がしてたまりませんでした。



自家用車の買取そのものには手数料やサービス料などはかかりません。



しいて言えば、車の名義変更に伴う費用でしょう。



業者(買主)に手続きを一任するなら代行手数料がかかります。



名義変更にかかる代行手数料は査定金額と相殺してもらえるなら現金のやりとりは必要ありません。



相殺しないときは契約後に営業担当者に支払う場合もありますし、現金の扱いを禁止している会社では後ほど指定口座に振り込むことになります。



それと、売却には元の所有者の印鑑証明書と住民票が必要なので、その取得費にそれぞれ300?500円程度が必要になります。