一般的に事故車というのは、交通事故などで傷ついた

一般的に事故車というのは、交通事故などで傷ついた車全般を言うのですが、これは中古車の査定で使われる定義とは違うのです。



車査定の場合の定義だと、交通事故などを起こした事により車の骨格部分を交換しているか、改修したものが事故車と呼ばれます。



インターネットを使って中古車買取業者に査定をしてもらおうとすると、必要な入力項目に電話番号などの個人情報が含まれるケースが多く見られます。



ネットで簡単に査定を受けてしまいたいところだけれど、入力した個人情報から電話がかかってくるのは避けたいということで、ネットでの査定をやめようと考えてしまうかもしれません。



しかし、最近の傾向として、電話番号など個人情報の記載不要で買取額が大体わかるようになるサイトもいくつか出現していますので、車の査定に興味をお持ちなら一度試してみましょう。



ライフステージが変わって乗り換えることにした、など乗っている車を売りに出すことを決めたなら、気持ちとしては10円でも高く売れれば良いのに、と願うのではないでしょうか。



ところでもし、その車が世間で人気の高いボディカラーだった場合は、査定の際、結構高い値段がついたりすることもあり得ます。



人気のある色というのは、その時の流行もあって変化し続けますが、ブラックとホワイト、そしてシルバーなどは堅調でいつの時代においても、もちろん現代においても人気を維持し続けています。