Q&Aサイトなどを見ると、他人名義の車は売れるのかという質

Q&Aサイトなどを見ると、他人名義の車は売れるのかという質問がしばしばあります。



妻や子からの相談が圧倒的に多いのは、名義人を変えなくても車は乗れるという現状をよく現していると思います。



実際には、自分のものではない(名義人がちがう)車を売却するときは、名義人の方の印鑑証明書と実印を捺印した譲渡証明書と売却の委任状を用意していただければ、代理人の方でも売却できます。



ときどきあることですが、名義が信販会社になっている車は売却できないため、査定を断られると思います。



そちらの支払いを終えていただき、名義変更してからなら売却可能です。



トラックといえば昔から変わらずホワイトが定番の人気色ですが、他の車種はどうなのかというと、査定額が上がるという点では、ホワイト、ブラック、グレー系が人気色です。



売れている車の色、要するに、大勢から支持されている無難な色が買取においても都合が良いと言えます。



あるいはパール系やメタリック系ですと、他のソリッド系よりも査定額が高くなる傾向にあるようです。



また、希少価値が高いもの(メーカー純正の限定カラーなど)も、高値がつくことがあるようです。



そろそろ車の買い換えをしたくて、今乗っている車を売却することを考えていた折、知人からネットの一括査定という技を耳にしました。



買取業者が数社でも一回申し込むだけで見積もりが一度にもらえて、条件を比較して良いところを自分自身で決定できるなんて、せわしなく時間が作れない私にとっては、とてもピッタリです。



ぜひとも一括査定を利用したいと考えています。