中古車の下取り価格は走った距離によって大きく開きが出てきま

中古車の下取り価格は走った距離によって大きく開きが出てきます。



例えば、10万km超えの車では買取、下取り価格に期待は持てないです。



でも、3年で3万km以内だったり、5年で5万km以内だったり、1年で1万kmぐらいの普通自動車だったりすれば下取り価格が高くなるかと思われます。



実際の走行距離が少ない方が車の状態も良いとの判断となるわけなのです。



車の買取を検討している場合、複数の業者の査定を受けて、最も高い所を選ぶのがいいですが、他の業者にも一度査定してもらった以上、どう言って断ったものか思いつかない人もいるかもしれません。



この点は、難しく考えず、もっと良い額を付けてくれる業者が他にあったのでと堂々と告げてよいのです。



業者名や買取額を告げれば、より話は早いでしょう。



それに、断りの連絡などのやり取りを敬遠するなら、最初から同時査定を利用するのがお勧めです。



車査定の前には、こんなことに気をつけてください。



急いでいても、一社の査定だけで契約書にサインしないことです。



一括査定サイトなどを十分活用して、可能な限りの買取業者を比べて損はありません。



事前の見積もりと現物査定に差が出ないよう、車の内外を清掃をしておくのがベターです。



それから、現物査定には必要書類を持参しなくてはならないので、査定に間に合うよう準備しましょう。