業者に車を売却するときは、走行距離で査定価格に大きな

業者に車を売却するときは、走行距離で査定価格に大きな違いが生じます。



一般的には1年10000kmと言われており、それより多いか少ないかが査定額に反映されます。



走行距離だけに限って言えば、短ければ短いほど標準の査定額よりアップします。



しかしこれが10万キロ近く走っている車は状態が良くても、見えない部分が劣化していると考えられ、値段がつかないことが多いです。



また、車種や用途によってもいくらか幅があり、こればかりはプロの手に委ねるしかないでしょう。



車を購入する時にはディーラーに車を下取りしてもらうのもよくありますが、その場合、下取り車と同時にスタッドレスを買取してもらえるものなのでしょうか。



実際のところディーラーによって対応に開きがあり、高い料金で買い取ってくれることや処分引取りで値がつかない場合もあるので、前もって確認することが必要です。



車の査定では走った距離が少ない程にプラスの査定になります。



走行距離が長ければ長いほど車の状態が悪くなるからです。



とは言っても、走行距離のメーターをいじってしまうとサギとなるので、走ったものは諦めましょう。



今後は車を売りに出すときの事を考え、無駄には走らないようにすることをお勧めします。